中国の子ども服マーケットについて。

皆さん、こんにちは。

6月最終週に上海へ出張しました。

盛り上がりを見せる子ども服マーケットについて

感じるところをお話したいと思います。

まずはマーケットの概況を。

出典;中国服装圏https://mp.weixin.qq.com/s/SvzJH6omObjBQ3jThN2kNA

2016年の数値ですが、

・童装(子ども服)市場規模 1450億元(×18円換算=2兆6100億円

⇒ベビー(0~3)273億元+キッズ(4-14)1177億元

・2016年~21年 予想される伸び率は6.3% (服装市場全体予測は4.6%)

・1人っ子政策の修正により、まずベビー市場は年率12%程度伸びるか?

上のグラフでは、国別の1人当たり子ども服消費額を表しています。

一番左が中国で、要は日本の1/4程度であり、これから伸びしろが

大きいということです。

日本でも、子どもを巡る6ポケットの話がでますが、

中国でも同じですね。

子ども服では、百貨店、MALL,路面店×集合店、専門店と

日本と同じく、買い物スポットはいろいろです。

今回は南京東路の集合店へ行きました。

海外、国内のブランドが多く集まっています。

ただの安売りばかりでないのが良いところです。

FILA(いまは韓国の資本ですね)なども大人気。

子どもは汗を多くかきますので、それに対応した

専門店もあります。すごく高い・・・。

*下記は別の地区の参考画像です。

 

上の3つは、有力な婦人服キャリアブランドの

子どもヴァージョンです。

80年代に生まれた人々が親世代になり、

子ども服を選ぶ視点もどんどん進化しているでしょう。

生活シーンの多様化

SNS発信の重視(=かっこよく、賢く?)

当然ながら品種重視(=天然素材重視)

・TOP対応は、お店に提案してほしいなぁ・・・。

これに伴い、MD構成も変化します。以前のような

「春」⇒「梅春」「春」

「夏」⇒「初夏」「夏1」「夏2」

これに加えて、6月の児童節対応商品や夏休み対応商品を

入れていきますね。

変化、進化するマーケットへ、ブランドの思考を徹底させるのが

私達の活動であり、現地のメンバーとも協業して、MD⇒VMDの

プロセスを構築しています。

今後は、子ども服マーケットの専門化、についても

お伝えしたいと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます★

#中国 #ファッション #子ども服マーケット #MD構成

コメントを残す